包茎手術による沢山のメリット

包茎はおもに、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3種類に分けられます。
日本人に一番多いタイプが仮性包茎です。
いづれも病原菌を繁殖しやすいということがいえますが、なるべく早期に治療をしたほうが良いとされているのが、真性包茎とカントン包茎です。

包茎手術による沢山のメリットが存在しますが、それについていくつか説明します。
まず大きく分けると、衛生面や外見、強化や早漏防止があげられます。

まず衛生面からみると、治療により亀頭が露出することで恥垢が溜まりづらいということがあげられます。
その結果雑菌の繁殖を防ぐことができるため、においも減少させることができます。
また入浴時に亀頭をきれいに洗うことが容易になるので、常に清潔な状態を維持することができます。

外見については、なんといっても見た目がよくなります。
陰茎が縮みにくくなり長くまた大きく見せることができます。
強化というのは、亀頭が露出することにより下着に直接触れることで、亀頭が強くなるという意味があります。
これにより早漏防止効果が生まれ、性交渉時でも女性器にしっかりと刺激を与えることができます。
早漏防止については、亀頭が刺激に慣れていることにより、性行為においてコントロールがしやすいということがあります。

いずれにせよ包茎手術の必要性は個人で判断することです。
真性包茎であっても性行為は可能ですし、子供をつくることに問題はありません。
ただ手術をすることで上記のようなメリットがあるわけですから、検討されてみることもよいかもしれません。
特に衛生面については雑菌の繁殖によって、亀頭炎や包皮炎などの感染症を引き起こすリスクがあるので、それだけでも十分手術を受ける価値があるものといえます。
放置しておくと大切なパートナーにも感染してしまう可能性があります。